女性

身体を大切に|妊娠線ならクリームで予防ができる

できる前に予防

化粧品

痒みは線ができる兆候

妊娠線ができる場合、そのサインを感じることがあります。誰もが感じやすい症状として、痒みが生じます。ゴムやベルトの跡で痒いのではなく、妊娠線ができる前兆の可能性があるので、感じたらなるべくかかないようにしましょう。ただ、妊娠性皮膚掻痒症という症状である可能性もあるので、一概に妊娠線ができる兆候というわけではありません。この妊娠性皮膚掻痒症はホルモンバランスが変化することによりお肌が乾燥するため起こります。妊娠線とは別物です。どちらにしてもかくとよくありません。そのまま湿疹に発展したり色素沈着を起こす場合があります。保湿をしっかりすればある程度防げるので、とにかく保湿することです。妊娠線も保湿が重要になりますので、とにかく痒かったら妊娠線クリームを塗りこんでおきましょう。人によっては産後もこの妊娠線が痒い人もいます。妊娠中にかいてしまい、傷跡になるとその後も痒くなる可能性が高くなります。妊娠線を悪化させないために、クリームでマッサージしておきましょう。クリームは通常の保湿クリームではなく、妊娠線予防専用のクリームを使うようにします。なぜなら、肌の奥深くに亀裂が起きる現象なので、奥のほうまで成分が届く専用クリームでないと予防は難しいからです。真皮層まで届く有効成分の入ったものを使うようにしましょう。そして引き締めて潤いを与えてくれるようなタイプにすれば、できかかった妊娠線もなかったことにできます。