女性

身体を大切に|妊娠線ならクリームで予防ができる

原因と予防方法

クリーム

妊娠するとホルモンが減少

妊娠線ができる原因は女性ホルモンの減少にあります。妊娠をしているときは女性ホルモンが乱れやすくなっていて、少なくなることが多いです。女性ホルモンは皮下組織のコラーゲンの分泌を促進させる働きがあり、分泌量が多くなればなるほど肌に弾力や保湿が維持されます。しかしながら、妊娠するとこのコラーゲンの分泌が少なくなって、弾性繊維が断裂しやすくなり、線ができます。これが妊娠線の正体です。したがって、コラーゲンの量が少なくなることが根本的な原因なので、解決方法はコラーゲンと同じ働きをするものを外部から与えることです。その役割を担うのがクリームです。妊娠線用のクリームは保湿や弾力を与えてくれるので、妊娠線の予防になるのです。妊娠線を予防するのにクリームは有効なのですが、選び方が難しいです。選び方の基準は次のようなものを目安にするといいでしょう。まず第一に無添加のものを選ぶことです。本人の肌にも優しいですし、赤ちゃんの健康状態にも良いです。クリームはおなかに塗るだけなので、赤ちゃんには影響はないのではないかと思われる向きもあります。もちろん、大きな影響はありませんが、経皮吸収によってお腹に塗られた成分も赤ちゃんが吸収することがあります。したがって、天然成分のものを使ったほうが良いです。また、コラーゲンやプラセンタなどの保湿成分と美肌成分が含まれているものを選ぶと、さらに高い予防効果を期待できます。こうした点に注目しながら選ぶと適切な予防になります。