女性

身体を大切に|妊娠線ならクリームで予防ができる

急激なお腹の膨らみ

お腹

肌の乾燥から起こる

女性にとって、自分の子供ができるということはとても嬉しいことのはずです。自分のお腹が大きくなってくることに、大きな喜びを感じ始めるでしょうが、やはり気になってくるのは妊娠線ができてしまうことです。実は、この妊娠線ができてしまう原因をしっかり理解している女性は少なく、どのようなタイミングでどのようなケアを行うべきかを理解できないまま、気が付いたときには深い妊娠線ができてしまったということも少なくはありません。妊娠線ができる原因を理解し、ケア方法を身につけることが大切です。まず、どのような過程を経て妊娠線はできてしまうのでしょうか。一つの原因としては、急激な皮下脂肪の膨らみです。皮膚は急激に張ってしまうことで、そのスピードに耐えることができず真皮のコラーゲン繊維が裂けてしまうのです。こうした状況がいわゆる肉割れの状態だと言えます。妊娠時には、急激にお腹が大きくなってしまうために肉割れはほとんどの人が経験してしまうことになるのです。では、どのような対策を行うべきでしょうか。一番良い方法は、妊娠線対策用のクリームを塗ることです。肉割れの原因の中には乾燥もあります。肌の弾力が失われてしまいコラーゲン繊維が裂けてしまいますので、上手にクリームを利用することで肌に弾力を与えることができます。クリームはできるだけ頻繁に塗るようにしましょう。肌を乾燥させないためにも、お風呂上りや就寝前、そして外出する前などクリームは常備して使用し続けるようにしましょう。