妊婦

身体を大切に|妊娠線ならクリームで予防ができる

原因と予防方法

クリーム

妊娠線ができる原因は女性ホルモンの減少にあります。女性ホルモンが減るとコラーゲンが少なくなって肌に弾力がなくなります。そうなると弾性繊維が断裂すると妊娠線が生じやすくなります。予防するには保湿と弾力を与えるクリームをお腹に塗布することです。

急激なお腹の膨らみ

お腹

妊娠線は、お腹の急激な膨らみによりコラーゲン繊維が裂けてしまうことで起こります。肌の弾力を維持するためにも、クリームを上手に活用し肌の乾燥を防ぐことが重要となります。頻繁にクリームは塗るように心がけましょう。

できる前に予防

化粧品

妊娠線ができる前には、痒みを感じることが多々あります。痒みを感じたらまず絶対にかいてはいけません。跡がひどくなる可能性があります。奥深くまで有効成分が届いてくれる妊娠線専用のクリームでマッサージしておきましょう。

妊婦のお腹に潤い成分を

お腹

後悔しない体のためには

妊娠時にできやすくなるお腹の線を予防したいと考えたときに、体の内側からおこなえることはとても少ないです。そのため、体の外側から妊娠線を予防するために、潤い成分をたっぷり含んだクリームの利用が推奨されています。子供ができれば、いずれは海やプールなどに訪れる機会も増えるでしょうから、そのときに後悔しない体を維持するためにも、クリームを使って妊娠線を予防してしまいましょう。その場合、普通に販売されているクリームを利用して妊娠線を防ぐとこもできますが、本当に効果があるのかがわかりません。妊婦になってからのぶっつけ本番の使用では不安が残るでしょうから、初めから妊娠線を予防するために開発・販売されているクリームを購入すると良いでしょう。ネットショップを利用すれば、専門に作られた製品がたくさん見つかりますので、妊婦だった方から多くの支持を集めているクリームを購入することをお勧めします。妊娠線を予防するためのマッサージの正しいやり方は、クリームの販売元が開設しているホームページに記載されていることが多いです。それぞれの妊娠線予防クリームには効果的な利用方法がありますので、販売元の情報をしっかりと把握して、的確にマッサージをおこなうと良いでしょう。ただし、マッサージを始める時期は早ければ早いほど良いのは、どのようなクリームでも共通なので、妊娠初期からお腹にしっかり潤いを与えてあげることをお勧めします。